簡単にお金を借りるなんてそんなうまい話はない

お金が必要な時に手元にないのであれば、お金を借りればよい。そのような発想が可能であるほど簡単にお金を借りることが出来るようになった現代社会において、カードローンなどを代表とするキャッシングサービスは非常に人気の高い金融商品になりました。

信用情報に傷がつくようなことがなく、何かしらの職についていればカードローンの契約は不可能ではありません。いったん契約をしてしまえば、ある意味では簡単にお金を借りることのできる環境を手に入れたといえるでしょう。実際に利便性が高く便利なものではありますが、落とし穴もあるのです。

しかしながらノーリスクでお金を借りることが出来るサービスがあるなどといううまい話はありません。どのようなサービスでも必ず利益が生み出されるように作られていますので、その本質を見極めて利用しなければなりません。例えば前述のカードローンは高い金利が金融機関の利益の源です。

返済が毎月定額、または低率のスライド返済であるため体感する負担は小さいものの、借入残額に対して高い利息が付く仕組みは知らず知らずのうちに多くの利息を支払っている仕組みであると言えます。繰り上げ返済をしない限り高い利息を余計に支払ってしまう仕組みになっていますので、この点については注意しておかなければなりません。

便利な仕組みであるからと言って頼っていると最終的には損をしてしまう仕組みでもあるのです。このことを理解しておく必要があります。

消費者金融に限らず銀行カードローンでもキャッシングを延滞すると遅延損害金を支払うことになります。
その遅延損害金は遅延損害金利によって計算されており、通常のキャッシングで利息を加算されることと同じようにして加算されています。

もちろんできるだけ遅延損害金は支払わないに越したことはありません。
返済日に返済をするというシンプルな約束事です。
守っていかなくてはなりません。

ところがどうしても返済が遅れるということもあり得ないことでないために、遅延損害金について覚えておくことは必要です。
例えば毎月の口座引き落としを返済方法としておきながら口座の残高を確認しておらず引き落としができなかったということもあるかもしれません。